(2020年度) 新幹線通勤で補助金を出す自治体4選を比較

東京の通勤ラッシュは窮屈で嫌だ・・・というイメージを持っていないですか?
東京近郊を走っている路線はたくさんありますが、
東京メトロ東西線やJR総武線、埼京線などをはじめ、
朝の混雑が厳しいので、非常に辛いと感じて勤務先に向かっている方が多いと思います。

しかし、新幹線で少し離れた所から通勤すれば、通勤ラッシュから抜け出すことができます。

そこで、新幹線通勤の費用について補助金を出している自治体
埼玉県熊谷市、栃木県小山市、長野県佐久市、新潟県湯沢町について比較しました。
夢のマイホームを手に入れ、新幹線で通勤することも選択肢として考えたい人は
それぞれの補助金の金額と条件を比較することができますので、参考にしてください。

企業による通勤手当の金額によって、自己負担がどれくらいかを検討することができます。

<1> 東京都内に住む人の通勤時間の平均は約45分

東京都内に住む家計を主に支える者の通勤時間 総数845700世帯(平成30年住宅・土地統計調査)


東京都内に住む845700世帯を調査した
「家計を主に支える者の通勤時間」は上記のグラフの通りでです。(平成30年住宅・土地統計調査)

一番多いのが「45分~1時間未満」、続いて「30分~45分」となっています。

つまり、都内に住む人の通勤時間としては平均して45分前後とみられますね。

<2> 新幹線通勤で得られる1番のメリットは「座席の確保」

新幹線通勤で東京まで通勤する場合のメリットは、なんといっても座席の確保です。
ゆったり座って通勤できるということは、気持ちにもゆとりができ、テーブルも確保されています。
当日の準備・食事・読書・・・さらにはもう少し寝て向かうということもできるかもしれません。
混雑する満員電車で通勤することを避けるのは非常に嬉しいことです。

東京駅までの所要時間と料金の比較は下記表の通りです。
片道の在来線料金・新幹線特急券料金を見ると、「いかに新幹線の特急券料金が高いか」がわかります。

駅名 東京駅までの所要時間 在来線料金 新幹線特急券料金
熊谷駅  (埼玉県熊谷市) 約40分 1170円 2080円
小山駅  (栃木県小山市) 約45分 1520円 2080円
佐久平駅 (長野県佐久市) 約1時間20分 3080円 2850円
越後湯沢駅(新潟県湯沢町) 約1時間30分 3410円 2850円

<3> 会社は交通費をどこまで負担してくれるか?

新幹線で通勤することが一番問題になるのは
新幹線特急券だということは理解してもらえたのではないでしょうか。
それでは、務めている会社は交通費をどこまで負担してくれるのか?これが会社によって違います。

企業が従業員に対して「通勤手当」を支給しているケースは多いですが、
通勤手当の金額は、通勤にかかる費用の全額と決める企業もあれば、
その一部のみであったり、支給しない場合もあります。
だから、企業によっては通勤手当を支給していないケースもゼロではありません

交通費の上限が「15万円まで」、あるいは特に定めていないような企業であれば何も問題ありません。
しかし、企業によっては、交通費の負担上限(たとえば、月に5万円とか10万円)が定められており、
在来線と比較すると、新幹線通勤は高額になってしまいます。

ただ、企業が支給した通勤手当については月々15万円までは非課税です。
2016年に税制改正が行われ、月10万から15万円に引き上げが行われています。
通勤手当を手厚く支給してくれる企業は、非常に新幹線通勤には有利に働きます。

<4> 各自治体からの補助金額と条件は?

新幹線通勤の費用について補助金を出している自治体
埼玉県熊谷市、栃木県小山市、長野県佐久市、新潟県湯沢町について
支給額と期間、自己負担額についてまとめました。

月額支給額の算出目安としては
熊谷市と佐久市、湯沢町については
( 新幹線通勤定期券購入費用 - 企業からの通勤手当等 ) ×  1/2 となります。

小山市については
( 新幹線通勤定期券購入費用 - 企業からの通勤手当等 )  となります。

<企業の通勤手当が在来線のみの支給だった場合> ※太字は上限到達金額
佐久市(佐久平駅)と湯沢町(越後湯沢駅)は新幹線利用のみで、企業からの通勤手当5、7、10万の場合を仮定

駅名 補助金
上限額
支給
期間
新幹線利用
定期代
(3カ月)
在来線のみ
定期代支給
(3カ月)
超過経費
/月
補助金
/月
自己負担
/月
熊谷 2万円/月 2年間 203100円 88850円 38083円 19000円 19083円
小山 1万円/月 3年間 224480円

110230円

38083円 10000円 28083円
佐久平 30万円/年
(2万5千円/月)
3年間 385550円   手当5万円/月
  手当7万円/月
手当10万円/月
78517円
58517円
28517円
25000円
25000円
14000円
53517円
33517円
14517円
越後湯沢 5万円/月 10年間 432100円  手当5万円/月
 手当7万円/月
手当10万円/月
94033円
74033円
44033円
47000円
37000円
22000円
47033円
37033円
22033円

 

<5> 自己負担額で都内に住むよりもいくらお得なのか?

東京都内に住む時の家賃相場は下記の表の通り。(yahoo不動産等を参照)
ここで見た場合、都内に比べて賃貸料金相場は非常に押さえられた価格であることは確かです。

ひとまず、検討する際は勤め先の通勤手当、市役所などでの支給条件の確認をオススメします。
夫婦で合計の年齢制限があったり、移住補助金として住宅の購入手当なども一緒についてくるところもあります。
長い目で見た人生設計も含めて、検討してみるのが良いでしょね。

地域 1LDK 2LDK 3LDK
渋谷区 21.9万円 35.9万円 61  万円
世田谷区 12.9万円 17.3万円 27  万円
板橋区  9.6万円 12.3万円 15.4万円
熊谷市  5.2万円  6.4万円   8.4万円
小山市  5.2万円 6 万円   7.9万円
佐久市  4.7万円  5.6万円   7.1万円
湯沢町  5.1万円  6.5万円

各自治体個別の条件などはリンク先をまとめていますので、こちらをご覧ください

新幹線通勤の補助金詳細ページ
埼玉県熊谷市栃木県小山市長野県佐久市新潟県湯沢町